原発の事故は時々刻々と発表とは真逆に進んでいるような...。

現時点は...今のところは...と安全を訴えていますが状況がどこまで、いつまで続くのか終わりがみえないかぎり不安はつのります。

想定外のコトって人生のうちに何度も遭遇します。
自分個人を中心に思うままに世の中がまわってるわけじゃあ無いので...


原子力発電所が世の中で稼働して40年以上経ちますが未だに放射能に対する完全な防護服って無いんですね!!

事故が起きれば人類は無力って事なのか...。

ここ何年かは水道の水を直接飲む機会は確かに少なくなっていましたが、それは贅沢の話しでした。
水道の水が安心して飲めない...そんな事態が起こるなんて...

他国の事故に比較して...と報道されていますが事故は事故で同じ事です。
終息して初めて語れる言葉では??


あらためて...他人事ではない...。


shingo-kun

JUGEMテーマ:日記・一般