山陽新聞さん太ホールにて。

 

ホアロハフラクラブ尾池先生との出会いから実現。

 

演奏だけでなく、初めてダンサーでもステージに立ちました。

 

この日のためにレコーディング、用意したハワイアン、フラの名曲10曲。

 

ギタリスト荒木博司さんの素敵なサポートとともにステージ。

 

この半年毎日このコンサートのことを考えて来ました。

 

初めて舞台の台本を書いたり、照明さんに舞台のことをいろいろ教えていただいたり。。

 

プロの現場で学ぶことがたくさんあって、たくさん課題に向き合いました。

 

舞台裏で合わせる、出演者のアイコンタクト。

 

ホアロハ尾池先生、クプナさん、カウルアさん、MC、スタッフ関係者。

 

育っていく一体感。

 

フラを初めて見る方にも、フラってこんなに素敵なものなんだと感じてもらえたと思います。

 

次に繋げたいことがたくさんあります。

 

経験を重ね、shab◎nのコンサートも、本格的にやりたい。

 

義援金は後日山陽新聞社を通じて寄付させていただきます。

 

関係者の方、支えてくれた方々、お越しくださった方ありがとうございました!